風俗ナイトクラブ
フリースペース
 >  > 私の絶好のオカズになってしまう

私の絶好のオカズになってしまう

最初はゆっくりねっとりと、手を使いながら美味しそうにまるでキャンディを頬張る感じなのですが、私に下半身を向かせちょっと攻めると高級デリヘル嬢はギアチェンジしてきます。まるで私の体の一部と化す程の一体感あるシンクロを見せてくれるんです。その様子に代興奮してナチュラルハイになってしまい、逝きそうになるも何とかがんばってストップします。次は私からの攻めですよ。何でしょう、女の子から「お待ちしておりました」って言うことが感じ取れるほど、おまんこがスムーズに指を受け入れてくれます。これは本気で感じている淫汁で粘り気がありますから私の指がとたんにどろどろになります。それと同時に、わずか1本の指を入れただけで女の子の表情がおっきく歪んでいくのがわかってこっちの興奮もいやがおうにも高まります。この高級デリヘル嬢は相当敏感なんだと思います。女の子には悪いのですが、その表情自体が私の絶好のオカズになってしまうのでした。

[ 2015-11-13 ]

カテゴリ: デリヘル体験談3